便秘秘密です

人気記事ランキング

ホーム > 健康 > 妊娠するとむくみやすくなる原因

妊娠するとむくみやすくなる原因

 

妊娠後期にはむくみを感じることが多くなりますが、最近では産休まで働くワーキングマザーが増えていることや、冷え性が起こる妊婦が増えていることから妊娠中期でも起こるケースが出てきています。

 

むくみには皮下組織に水分がたまる現象を言いますが、妊娠中は胎児に栄養を送る必要があるために血流量が増えてしまいます。特に栄期待成分と赤血球が増えてしまうため、腎臓の働きが追いつかない状態となってしまうのです。

 

また胎児が大きくなることによって骨盤が圧迫されるために血液の流れが阻害され、下半身の血液が心臓に戻りにくくなることも原因の一つとなります。

 

むくみを解消するにはマッサージをしたり身体を動かすなどの対策も効果がありますし、塩分の摂り過ぎに注意しバランスの良い食生活を心がけることも大切です。

 

ストッキングやソックスなど効果のあるアイテムも販売されていますので、利用することで症状を緩和し下肢静脈の血流韓流を改善する効果もあるのです。

 

妊婦にとって怖い病気には妊娠中毒症がありますが、妊娠中毒症でもむくみが発生します。自己流で解決することも可能ですが間違った方法で体に影響を与えてしまうよりは、医師の診断を受けて正しい対処法を取ることが大切です。妊婦の便秘の原因について